本ブログ記事には広告が含まれています ドライブ

【ドライブ】絶景スポットの復活 リニューアル後の西湘PA(下り)を見てきた【神奈川】

2023年9月3日

いつもご覧くださりありがとうございます。溝口将太です。

ほぼ海に面しているPAと言えば、東名高速「由比PA」が有名だと思いますが、神奈川県にも由比PAに負けないほど海に面したPAがあります。

それが西湘バイパス『西湘PA』。

西湘PAは2019年10月の台風19号の影響で壊滅状態になり、その後仮営業⇒工事のため完全閉鎖⇒完全復活という流れを汲んでいます。

今回は完全復活を果たした西湘PA。そこからの眺めを見にドライブをしてきたのでご紹介したいと思います。

ポイント

完全復活を果たした西湘PAからの眺望

基本的に食料の調達はできない

時々キッチンカーがやってくる

おまけとしてその後のドライブ(小田原で食事~箱根ターンパイク~湯河原)も簡単な内容ですが記載しています。

未熟な私はとうとうBRZを…。

西湘バイパス 西湘PA

西湘バイパス 西湘PAは有料区間にある

西湘バイパスは神奈川県中郡大磯町~神奈川県小田原市を結ぶ自動車専用道路。

国道1号線のバイパス路線でもある一般有料道路(大磯東ICー西湘二宮ICは無料区間)です。

西湘バイパス

海沿いを走る自動車専用道路

湘南エリアと小田原・箱根・熱海方面を結ぶ人気のドライブコース

「湘南」の範囲は諸説ありますが、とりあえず大磯~鎌倉・逗子・葉山と認識しています。

出典:NEXCO中日本

「西湘PA」は有料道路区間にあるので、西湘PAへ向かう時は必然的に通行料が発生します。

一例として、私は小田原ICで降りています。

西湘バイパス

西湘二宮 ⇒小田原  [普通車]

・通常料金(現金・ETC):270円

・休日・深夜(ETC):190円

ちなみに、、、、

西湘バイパス

西湘二宮 ⇒箱根口  [普通車]

・通常料金(現金・ETC):270円

・休日・深夜(ETC):190円

熱海方面(国道135号線方面)は石橋料金所を通過するのでさらに通行料が発生します。

西湘バイパス

西湘二宮 ⇒石橋  [普通車]

・通常料金(現金・ETC):480円

・休日・深夜(ETC):340円

台風で壊滅からの全面復旧 リニューアルオープンは2023年4月29日

先でお伝えした通り、西湘PAは2019年の台風19号により壊滅状態に陥りました。

2019年10月の台風19号による影響

出典:NEXCO中日本

一度は仮設駐車場・仮設トイレや自販機を設置して仮営業として再開しましたが、2022年2月から全面復旧工事のため完全閉鎖されました。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

そして2023年4月29日(土)にリニューアルオープンを迎えました。

西湘PAからの眺望 小型車は79台駐車可能

今回の本題です。

西湘PAはほとんど海に面しているので見事な眺望が楽しめます。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

とある日にちの夕方に撮影しましたが、早朝に訪れれば日の出もバッチリ眺められそうですね。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

駐車可能台数も多く、HPでは小型79台/大型14台とあります。

不必要な長時間駐車はダメですが、身体をストレッチしながら眺望を楽しんでリフレッシュできるでしょう。

基本的な設備は自販機・トイレのみ 飲食店は基本なし

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

駐車場が充実しているのに対して施設内の設備は必要最低限のレベル。

飲み物は外に自販機が数台設置されているのみです。私が見た時はアイスもあったかな。

基本的に食べ物は自販機含めて調達することができないようです。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

施設内も交通情報が表示されるデジタルサイネージと清潔感のあるトイレが設置されているだけです。

キッチンカーがやってくる

では年間を通して食事ができないというと、そういうわけでもないようです。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

こちらは施設内に貼られていたポスターですが、西湘PAには時々「キッチンカー」が出店されているようです。

以下のリンク先から営業時間・出店者情報の確認ができます。

キッチンカー情報

海に面したPAで食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。

綺麗なPAなのでかなり快適な時間を過ごせるはずです。

おまけ 小田原で食事からの箱根~湯河原をドライブ

せっかくなのでもう少しだけ遠出をしてみましょう。

小田原「相州鳥ぎん 本店」で食事

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

お腹が空いたので小田原で食事をすることに。

「鳥ぎん」と言えば銀座に本店がありますが、小田原には「相州鳥ぎん」が店舗を構えています。

暖簾分けなのか…経営の経緯は調べきれてませんが。

  • 五目釜めし 1,573円

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

「相州鳥ぎん 本店」さんは、やきとり・釜めし・鶏料理の専門店。

釜めしはかなりのボリュームでした。スープも付いてます。

美味しく食べてお腹いっぱい。

”相州”とは「相模の国」の異称だそうです。

出典:ヒトサラ 鳥ぎん本店

古民家風かつモダンな店内は、1階がカウンターで2階がお座敷やテーブル席。

デートで訪れても楽しく食事ができる佇まいです。

相州鳥ぎん 本店

住所:神奈川県小田原市栄町1-14-5

小田原駅から徒歩数分

TEL(予約専用):050-5870-1008

営業時間:11時30分~22時(ラストオーダーは21時)/ランチタイムは11時30分~15時

定休日:不定休

駐車場について

5,000円以上のお食事で市営駐車場代が1時間サービス

他の駐車場も数百円程度で利用可能

相州鳥ぎん 本店

食事代:4,000円(1人分として計上)

箱根ターンパイク「御所の入駐車場」でBRZをぶつける…

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

さらに足を延ばして「箱根ターンパイク」を走ることに。

目的は「御所の入駐車場」で小田原市街の夜景を楽しむこと。

料金所ではETCXを利用して清算を済ませ、大好きなターンパイクを快調に走ります。

そして御所の入駐車場に…。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

やっちまいました…駐車場でサイドブレーキはかけたものの、この時1速に入れるのを忘れた(サイドブレーキも甘かったと思われます)ようです。

降りた直後にBRZがバック。

慌ててブレーキを踏みましたが、ガードレールのボルトの出っ張りにコツンと当ててしまいました…。

ポイント

MT車を駐車した時は、1速orバックギアに入れましょう

反省。。。。

箱根ターンパイク

箱根小田原本線:730円 ETCX利用可能

普通車・軽自動車の料金

排気量125cc以下の自動二輪車、軽車両、ミニカー、歩行者は通行不可

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

気を取り直し「椿ライン」を走って湯河原を抜けて帰りました。

まとめ

結び

いかがでしたでしょうか。

今回はリニューアルオープンを迎えた「西湘PA」をメインに小田原・箱根・湯河原まで足を運ぶドライブの一例をお伝えしました。

私は横浜市民なのでかなり身近な存在でもある西湘エリア。でも深堀りすると気が付かなった魅力と出会えたりするのも事実です。

特に西湘PAのリニューアルで、由比PAのような絶景がまた楽しめるようになったのは嬉しかったです。

日帰りドライブにはちょうどいい距離感。休日の参考になれば幸いです。

本日のドライブ費用

今回のドライブは、

地元・横浜⇒西湘PA⇒小田原⇒箱根ターンパイク⇒湯河原⇒西湘バイパス・国道134号線⇒鎌倉⇒横浜

というルートです。

高速・有料道路:2,460円

(第三京浜・横浜新道・新湘南バイパス・西湘バイパス・横浜横須賀道路)

箱根ターンパイク:730円

ガソリン代:約4,017円 この日は給油無し

(走行距離200キロ、平均燃費9.16㎞/L、ハイオク単価184円で計算)

食事代:4,000円

雑費:1,000円

合計:12,207円

何かの参考になれば幸いです。

参考出典リンク集

NEXCO中日本:https://www.c-nexco.co.jp/corporate/

西湘PA(下り):https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=181

相州鳥ぎん 本店:https://www.torigin.com/index.html

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

溝口将太(みぞしょー)

当ブログがみなさんの暇つぶしになれれば幸いです。 道路を60万キロ以上走り続けている男がサウナの素晴らしさに目覚め、『モビリティとスパ&サウナがあれば幸せ』という理由で雑記ブログを運営(マイペース更新)。 主な内容は愛車BRZ・鉄道乗車記・サ活記事。極力実際にかかった費用を掲載。 愛車GROMでフードデリバリー稼働中。お小遣い稼ぎでも試行錯誤の連続…。 ご依頼を受けたり興味を持ったクルマのレビューや出来事も執筆・掲載。最近はコスパに優れた「パーク&ライド」を見つけることに情熱を注ぐ。 モビリティ×サウナで素敵な思い出を!

-ドライブ
-,