本ブログ記事には広告が含まれています BRZ

【製品レビュー】ナビにスマホ画面を出力 YouTubeがナビ画面で楽しめるが使い勝手はイマイチか【BRZ】

2023年2月23日

いつもご覧くださりありがとうございます。溝口将太です。

相棒に迎えたBRZが早くも1ヶ月点検を終えましたが、オイル交換と同時に『アルパインナビ用のHDMIケーブルの取り付け』もお願いしていたのでご紹介します。

主な理由はナビ画面でYouTubeなどを楽しむためですが、方法としてスマホの画面をナビ画面にミラーリングするにしました。

HDMIケーブルの取り付け⇒ナビ画面にスマホからのミラーリング表示を可能に(動画も視聴可能)

iPhoneでミラーリングするためにApple純正アダプタを別途購入

掛けた費用の割には使い勝手は正直イマイチ

スバル純正ナビを使用・検討されている方の参考になれば幸いです。

同点検時に交換したエンジンオイルはこちらのブログです。

アルパインナビ(型式:7DNXF2)にスマホから映像を出力

私が利用しているナビは「アルパインナビ(型式:7DNXF2)」というディーラーオプションの7型ナビ。

全然使いこなせていませんが、助手席に座るゲスト用のためと割り切って装着しています。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

Apple CarPlayやandroidautoに対応しているのはありがたいのですが、デフォルトではUSBケーブル(タイプA)が付随するだけでYouTubeなどは音声のみです。

充電は一応可能ですが充電性能はイマイチ。

アルパインナビ HDMIケーブル(ディーラーオプションとして設定)

もし映像も…ということであれば、オプションでHDMIケーブルを別途注文する必要があります。

HDMIケーブル

【映像規格】

 ・入力解像度:1080p/720p/480p/VGA

 ・出力解像度:480p/720p

【入力音声規格】

 ・サンプリング:32kHz/44.1kHz/48kHz

【出力音声規格】

 ・サンプリング:48kHz

取扱説明書より抜粋

注文したHDMIケーブルを見てみましょう。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

こちらがHDMIケーブル。メスなので別途アダプタが必要(口述)です。

助手席のグローブボックス内からケーブルが延びる

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

太いケーブルがHDMIケーブルです。運転席側のドアパネルに届くくらいの長さがあり、グローブボックスを閉めて挟んでも大丈夫な仕様になっています。

価格

部品代:5,061円

取り付け料金(技術料):1,320円

ハッキリ言ってこの”ケーブルの丈夫さ”がメーカー公認であること(=純正品であること)が一番のメリットです(笑)

オーディオファン HDMIアダプター 19ピン オス-オス

アルパイン用のHDMIケーブルを取り付けてもらったはいいのですが、先端がメスになっているので「HDMIアダプタ(オス-オス )」が必要でした。

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

こちらはAmazonで購入。価格は購入時555円(税込み)。ナビのHDMIケーブルと次にご紹介するApple Lightning - Digital AVアダプタの間に接続します。

これでアルパインナビのHDMIケーブルとHDMIアダプタを接続します。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ iPhoneでは必須のアイテム

iPhoneでYouTubeを出力したい…しかし思ったより高くついてしまったのが「Apple Lightning - Digital AVアダプタ」です。

私はiPhoneをメインで使用(サブでandroidも所有)していますが、iPhone…というかApple製品は本当に高いですね(笑)

iPhoneにHDMIとLightningケーブルを同時に接続できる

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

こちらが「Apple Lightning - Digital AVアダプタ」。価格はApple公式サイトで7,980円(税込み)。

確かに手に触れてみると質感は高いです。

Lightningケーブルも接続すればiPhoneを充電しながらHDMI出力が可能です。

以下のショッピングサイトで純正品が多少安く購入できます。

サードパーティー製品では2,000円前後で購入できるようですが、個人的には純正品をお勧めします。

しかしまぁ7,000円以上の出費が発生するとは思いませんでした。。。

iPhoneとナビにコネクタ・アダプタを接続してミラーリング

注意ポイント

デートの時は要注意 うっかりLINE等の画面を表示させないように

筆者撮影(撮影機材:OPPO Reno5 A)

アルパインナビのHDMIケーブルにHDMIアダプタを接続、さらにLightning - Digital AVアダプタとiPhoneを接続すればナビ画面に表示(ミラーリング)できます。

以上の行程でスマホでナビに動画を映すことができるようになりました。

しかしここで要注意ポイント…それは「ミラーリング」であること。

うっかりLINEなんて開いてしまうものならナビ画面に表示されてしまいます。

デート中にほかの女の子からのLINE通知が表示されると面倒なことになりかねません。スマホの画面管理はしっかり行いましょう。

走行中の安全面を考慮して助手席の方のスマホを活用するべきですね。

走行中は動画の表示はできない 表示させたいのなら別途「TVコントロールキット」の活用を

実は純正ナビにそのままHDMIケーブルを装着しても、走行中ナビ操作・動画の視聴はできません。

せっかくナビ画面で動画を観れるようにしても、走行中に観れないのは助手席の方がかわいそう。

解決策の1つとして「TVコントロールキット」の装着が挙げられます。

エンジンをかける度にスイッチを押す必要がある

筆者撮影(撮影機材:iPhone14 Pro Max)

私はディーラーオプションで取り付けてもらったので参考までに価格を記載しておきます。

テレビキットの一例

TVコントロールキット JES:22,000円

もっと安く入手可能だと思いますが、「走行中の映像出力は可能でもナビ操作は不可」など機能性にランクがあるのでお気をつけください。

そして、、、

走行中にドライバーが操作することは絶対にしないでください。

まとめ

結び

私のBRZは基本的には純正オプションで揃えていますが、カーショップなどでもっと良い製品あったり、装着手段を講じでるならそちらをお勧めします。

今回の一例でナビにスマホからの映像を出力するために費やした額を計算してみると…

ナビに映像を出力

TVコントロールキット JES:22,000円

HDMIケーブル:6,381円

HDMIアダプタ(オス-オス ):555円

Apple Lightning - Digital AVアダプタ:7,280円

合計:36,216円

費用の割には接続が若干複雑だったりと使い勝手がいいとは言えないですね。

ちなみに、私はApple CarPlayを利用していますがバッテリーの減りは早いです。充電ケーブルとシガーソケットタイプのカーチャージャーの持参もお勧めします。

条件次第ですが、アンカー製品はAmazonが一番お得な印象です。

参考になれば幸いです。

参考出典リンク集

スバル BRZ:https://www.subaru.jp/brz/brz/

みんカラ:https://minkara.carview.co.jp/

アルパインナビ:https://www.alpine.co.jp/products/navi/7dnx2

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

溝口将太(みぞしょー)

当ブログがみなさんの暇つぶしになれれば幸いです。 道路を60万キロ以上走り続けている男がサウナの素晴らしさに目覚め、『モビリティとスパ&サウナがあれば幸せ』という理由で雑記ブログを運営(マイペース更新)。 主な内容は愛車BRZ・鉄道乗車記・サ活記事。極力実際にかかった費用を掲載。 愛車GROMでフードデリバリー稼働中。お小遣い稼ぎでも試行錯誤の連続…。 ご依頼を受けたり興味を持ったクルマのレビューや出来事も執筆・掲載。最近はコスパに優れた「パーク&ライド」を見つけることに情熱を注ぐ。 モビリティ×サウナで素敵な思い出を!

-BRZ
-,