高速道路

中部横断自動車道 静岡ー山梨区間が全線開通!長距離ループ走行は可能か?

スポンサーリンク

いつもご覧くださりありがとうございます。溝口将太です。

2021年8月29日(日)16時に中部横断自動車道の南部ICー下部温泉早川ICが開通します。これにより中部横断自動車道(以下:中部横断道)の静岡ー山梨区間が全線で繋がることになります。

悪天候等により開通時間が変更となる場合もあるそうですが、今回は中部横断道についてまとめたいと思います。中でも私が気になるのは…東名・新東名ー中部横断道ー中央道ー圏央道ー東名という長距離ループ走行をすると高速代はどうなるのかでした(笑)

中部横断道の高速道路ナンバリングは「E52」で、新東名・新清水JCTー中央道・双葉JCTは74.3㎞です。

静岡と山梨がぐっと身近に 中部横断道の静岡ー山梨区間が全通

画像出典:Wikipedia

「富士山と言えば静岡か山梨か…」どのくらいの規模でそのような対立が繰り広げられているかはわかりませんが、何かと富士山を絡めると話題に挙がる静岡県と山梨県。

この両県がグッと近くなります。具体的にはこれまで国道52号などを利用して約165分をかけて走行していた区間が、中部横断道・静岡ー山梨区間の全線開通により約95分、実に約70分の短縮効果が見込めるということです。

これにより物流面でも、例えば山梨産の農産品を東京港・横浜港ではなく、静岡県の清水港へ効率的に輸送させ、より安定した輸出が実現するとの見方もあります。

出典:NEXCO中日本

また、個人的には富士山周辺エリアを中心とした周遊ネットワークが高規格道路で確立できることが大きいと感じています。具体的にはこの中部横断道ルートを西側とすると、東側が御殿場エリアー山中湖・河口湖などー中央道を結ぶルートです。

中部横断道の起点は新清水JCT…つまり新東名とのJCTとなっていますが、新東名と東名は「清水連絡路(E52)」で繋がっているので、実質的には東名の清水JCTが起点として機能しています。

詳細はこちらの概要をご覧ください。

本線は暫定2車線の片側1車線方式 制限速度は70㎞/h

「なんのこっちゃ?」と思われるかもしれませんが、中部横断道は当面の間、ほぼ全区間で片側1車線の対面通行方式の高速道路です。

こんな感じの高速道路です。逆走にはご注意ください。

「暫定2車線」とあるので本体は片側2車線の4車線としての道路が最終的な完成です。 そのため制限速度は70㎞/hとなっており、接続する東名高速は制限速度100㎞/h、新東名高速に至っては制限速度120㎞/h区間です。速度差がかなりあるので走行時には注意が必要でしょう。

この道路で飛ばそうとは思いませんが、高速道路で制限速度50㎞/hオーバーは1発免停になります。

 

次のページではちょっと踏み込んで、無料区間と長距離ループ走行について解説します。

次のページへ >

モビリティ クリエイトの広告

スポンサーリンク

-高速道路
-

© 2021 モビリティクリエイトのページ Powered by AFFINGER5