本ブログ記事には広告が含まれています サウナ

【サ活】横浜(の端っこ)に❝大人の隠れ家的空間❞『喜楽里別邸 横浜青葉店』がオープン【横浜町田】

2024年3月27日

いつもご覧くださりありがとうございます。溝口将太です。

横浜…といっても横浜の端っこ。町田市との県境になりますが、新しいスパ銭が2024年3月20日(水・祝)にグランドオープンしました。

『喜楽里別邸 横浜青葉店』さん。

私の地元付近…とは言えないのですが、さっそく足を運んでみたのでレビューをお伝えしたいと思います。

今回は以下の内容を中心に男湯を前提にまとめています。

「喜楽里別邸 横浜青葉店」はこんな感じ

めちゃ綺麗!!!!

サ室は温度控えめ湿度高め

ロウリュウはなかなか個性的

水風呂は深めで冷たい

外気浴の開放感ハンパない

ガチサウナーにはいろいろな面で力量不足(後述)

ご飯はめちゃ美味しい!メニューが超豊富!!

ワークスペースも完備。しかし…

支払いは現金orクレジットカード(電子マネー利用不可)

小学生以上から利用可能

2024年3月21日時点

ちょっと微妙なことも書いていますが、接客は素晴らしいし今後も様々な形で改善・進化していくことを期待しています。

訪問日

2024年3月21日(木)

筆者撮影機材

iPhone14 Pro Max

更新履歴

2024年3月27日:当ブログ記事公開

2024年3月29日:文言の修正

入館受付から料金精算までセルフシステム

オープン翌日の比較的遅い時間に訪れました。

本当はもう少し早く行きたかったのですが、仕事と遅めの方が混雑具合も落ち着いているかなという理由でした。

筆者撮影

かなり広い駐車場にクルマを停め、発券された駐車券を持って館内に入ります。入口からワクワクさせてくれます。

下足箱にはICチップ付きのロッカーキー。館内ではこのICチップを通じて食事など様々なサービスを利用します。

基本的には入館から料金精算までセルフシステムなので、その気になれば人と接することなく利用可能です。

(ただし精算時の支払い方法が現金orクレカのみ…電子マネーが使えるようになるといいですね)

ところで、こちらの喜楽里別邸は「横浜青葉店」となっていますが、最寄り駅は『こどもの国線 こどもの国駅』で駅から徒歩約7分。

喜楽里別邸からも歩いて1~2分で東京都町田市という場所。

詳細は後述のアクセスに記載してありますが、個人的にはクルマで向かうことをお勧めします。

なお、小田急線 鶴川駅より無料送迎バスが運行されています。

そして以下の点をお伝えさせてください。

出典:Instagram/筆者撮影

今回は時間の都合で目玉とされる「ナノミストアトラクション幻夢(げんむ)」を含めた有料サービス「温熱房(岩盤浴)」は利用できませんでした。

温泉は2024年秋開湯予定。なのでお風呂はすべて沸かし湯になります(炭酸泉あり)。

なので今回のブログ記事は「サウナ」「サ飯」「休憩スペース(ワークスペース)」がメインとなっています。

それではいってみましょう!

筆者撮影

受付を済ませて廊下を奥へ奥へと進み❝隠れ家的な雰囲気❞を感じます。

いやー廊下の幅が広い。「木漏れ日の中、湯に浸かる…隠れ家的空間」を堪能したいと思います。

筆者撮影

途中にちょっとしたカフェがあったり、ベンチソファ・テーブル・休憩スペースもあるので仲間やカップルでの待ち合わせに困ることはないでしょう。

【サウナ】中温多湿のサ室 特徴的なロウリュウで熱さは満足できるレベルに

それでは身体を清めて温めて…できたてのサウナをじっくり楽しもうと思います。

出典:喜楽里別邸 横浜青葉店/ニフティ温泉/サウナイキタイ

…じっくり楽しもうと思ったのですが、ガチサウナーにはちょっとオススメできないと最初に記しておこうと思います。気になる方は後述をご覧ください。

カラン(洗い場)は21か所

シャンプー・コンディショナー・ボディシャンプーが用意されている

シャワーブースは2か所

なお、『喜楽里別邸 横浜青葉店』では「ロウリュウ」表記なので当ブログ記事でも「ロウリュウ」とします。

サ室は30名が快適に利用できる広さ 温度は控えめ湿度は高め

奥行きのあるサ室

出典:ニフティ温泉

サ室前にサウナマット(ウレタンマットタイプ)が積まれているので持ち込みましょう。

サ室への扉は熱を逃がさないよう工夫された2段扉。間にはメガネ置き場が設置されています。

(いくら探してもサウナハット掛けが…)

サ室内は奥行きがかなりある3段ベンチタイプ。30名前後(1段10名程度)が快適に利用できる広さになっています。ベンチ用のマットが敷かれています。

ど真ん中にテレビが設置。

気になる温度は天井の温度計で約80度をマーク。そのため3段目のベンチでも70度台だと思われます。

若干温度が低い印象ですが、湿度が高めなのでトータルでの熱さは必要十分。長時間じっくり楽しみたいサウナです。

私はこれに1時間1回(毎時00分)のオートロウリュウを絡めてサ活しました。

照明は明るめの暖色ライトにテレビ音量は普通あるいは若干大きめ。瞑想には向かない環境です。

奥の窓から露天風呂が覗けます。

「喜楽里別邸 横浜青葉店」のサ室

奥行きがある(横に長い)

天井付近の温度計は80度表記

そのため温度は控えめな印象(3段目でも70度台だと思われる)

湿度が高めなのである程度の熱さをカバー

瞑想には向かない

しかし私が一番困ったのは…サウナマナー。。

毎時00分に開催される「ダブル熱風ロウリュウサウナ」はなかなかの熱さと迫力

出典:喜楽里別邸 横浜青葉店/Instagram/サウナイキタイ

もう一度サ室をご覧いただきたいのですが、サウナストーンが左右に積まれていることがわかると思います。

それぞれのサウナストーンに2口ずつある注水口から勢いよく水が噴霧されます。しかもサウナストーンの上には各3口ずつの大型パンカールーバー(空調用吹出し口)。

見た目はかなり本格的…というか期待を膨らませてくれます。

毎時00分に実施される「ダブル熱風ロウリュウ」は5分ほどのオートロウリュウです。

身体が痛くなるほどの熱波ではありませんが、私はオートロウリュウによる熱さに満足しました。

約5分間の「ダブル熱風オートロウリュウ」

①ダブル熱風ロウリュウ開始直前にサウナストーン上のライトが点灯

②注水口から水が噴霧

③ほぼ同時に6口の大型パンカールーバーが作動

④パンカールーバー作動中にまた注水口から水が噴霧

⑤パンカールーバー作動中にまたまた注水口から水が噴霧

⑥終了までパンカールーバー作動

針で刺されているかのような❝痛み❞に近い熱さを求めるサウナーには物足りないと思います。

【水風呂】程よい広さ・程よい深さ・程よく冷たい水風呂 ぬるめのかけ湯もあり

喜楽里別邸 横浜青葉店の水風呂温度

出典:サウナイキタイ

水風呂はそれほど大きな特徴は見受けられませんが、「ぬるめのかけ湯」があるので冷たい水風呂が苦手な方は一度身体を慣らすといいでしょう。

私が見た時は温度は13度。6名前後が快適に利用できる広さで深さも申し分ありません。

潜水については特に明記されていませんが、モラル面を考慮して潜るのは控えるべきでしょう。

導線もサ室を出たらすぐ横にあるので距離事態は理想的と言えます。

言えるのですが、ちょっと導線が窮屈なのでサ室に出入りする人が多いと若干スムーズさに欠ける部分はあると思います。

【休憩】外気浴の開放感は抜群! デッキチェアで並び立つ竹林と空を見上げてととのう

出典:ニフティ温泉/サウナイキタイ

外気浴の開放感は最高でした。

椅子・ベンチ・デッキチェア・寝ころび湯・露天風呂での足湯などの休憩が考えられますが、個人的にオススメしたいのが「デッキチェアでの休憩」です。

目の前に立ち並ぶ竹林と開放的な夜空(サ活は夜でした)を見上げながらの休憩は格別。風で竹林が揺れる様も風情を感じることができます。

個人的には「寝ころび湯」がちょっとぬるいかなぁと感じました。

内湯でも休憩は可能ですが、ベンチが1席とかなり限定的です。

休憩スペース

内湯:ベンチ1席

露天風呂:ベンチ1席・椅子8席・デッキチェア5席・寝ころび湯7ブース

【参考】今回のサ活と持参すると便利なアイテム

今回のサ活

サウナハット・MOKUタオル・サウナハットタオル持参

1セット目:⒓分(ダブル熱風ロウリュウ)×水風呂1分×休憩数分

2セット目:12分×水風呂1分×休憩数分

3セット目:12分(ダブル熱風ロウリュウ)×水風呂1分×休憩数分

持参すると便利なアイテム

歯ブラシセット

洗顔フォーム

シェービングセット

化粧水・乳液

頭皮ブラシ

サウナハット(サウナハット掛けはなし)

MOKUタオル

サウナハットタオル

バスタオル

館内着代わりのジャージ類

パウダーコーナーにはオールインワンタイプの乳液があります。

できれば持参したいアイテム

バスタオル

館内着代わりのジャージ類

サ活の最中でちょっと気になること… ガチサウナーにはオススメできない理由

ここでサ活において個人的に気になる部分をピックアップしておきます。

サウナハット掛けはなく荷棚も小さめ

一番困りました。まさかのサウナハット掛けがありません!

見渡すと決してサウナハット掛けを設置できないわけではなさそうですが…メガネ置き場はきちんと設置しているのに。。

仕方なく外気浴も含めて持ち歩きながらサ活してました。

どうかサウナハット掛けをお願いしますです。。。

それと浴室内の荷物棚もちょっと小さいですね。バスセットが数人分(多くても10人程度分)しか置けないのではないでしょうか。

サ室内の12分計が見にくい

12分計の位置が…

出典:喜楽里別邸 横浜青葉店

私はサウナウォッチを「今のところ」所有していないので、正確な時間を計りたい時は備え付けの時計をアテにしています。

喜楽里別邸 横浜青葉店のサ室にも12分計があって助かったのですが…なんと壁に埋め込まれているように設置されているのです。

これでは端の人は時間を計ることはできません。なんなら真ん中付近の3段目の人しか正確に計ることができないのでは…と思うほど妙な設置方法です。

奥行きがあるサ室なので、砂時計タイプでもいいから時計を増やしてほしいですね。

サウナマット(ウレタンパマット)は自分で洗う⇒サ活に水を差してしまう

表現一歩を間違えたら「カスハラ」になってしまうのでは…と迷いましたが書きます(笑)

サ室前にサウナマット(ビート版のようなウレタンマット)が積まれているので使用することになりますが、使用後は自分で洗い流して戻すというルールでした。

いや、店員さんに洗えって言いたいわけではないのですが、多くのサウナーはサウナ⇒掛湯掛水⇒水風呂という「ととのいへの道」を歩んでいます。

しかし、サウナと水風呂の間に「サウナマットを洗う」という動作が増えてしまう…実際に私もルールに従って所定の場所に洗って戻しましたがそれなりのストレスでした。

できたらここは改善していただきたいところです。

サウナーとしてのマナーは皆無 ❝ドラクエ❞集団ばっかり(笑)

さて…ガチサウナーには胸を張ってオススメできない最大の理由が❝コレ❞です。

 

残念ながら黙浴の「も」の字もありません!!

 

まぁ私のサ活タイミングがたまたまだった可能性もありますが、見渡してみるとサウナハット使用率は1割あるかどうか。頭にタオルを巻いている人も2割程度。

(サウナーが少ないタイミングだった?)

30名程度が利用できる奥行きのあるこのサ室は、複数のグループで埋め尽くされてしまいました。

あっちでおしゃべりこっちでおしゃべり。さらにテレビの音量。瞑想には100%向かない環境がここにはありました。

サウナ用語の1つ、❝ドラクエ❞という言葉を聞いたことがあると思います。

出典:任天堂/SQUARE ENIX

数人が列をなして入ってくる。1人が出ようものなら仲間も釣られて出ていく。まさに❝ドラクエ❞。

温度はともかく湿度が高めという好きなサウナなのでちょっと気になりました。

【お風呂】2024年3月現在はすべて沸かし湯

お風呂の紹介も簡単に。

温泉は24年秋開湯予定

筆者撮影

冒頭でもお伝えしている通り、温泉はまだ開湯されておりません。

敷地内での切削工事は完了していますが、8月下旬から9上旬に開催される「神奈川県自然環境保全審議会温泉部会」の許可が下りてからの開湯だそうです。

露天風呂

夏柑の湯

出典:Instagram

露天風呂ももちろんあります。なんとなく本来は温泉なんだろうな…と思いつつ見てみると「夏柑湯(夏みかんの湯)」になっていました。

寝ころび湯

7ブースの「寝ころび湯」があります。個人的にはもう少し温度がありかつ水流が実感できればいいなぁと思います。

内湯

ジェットバス・マッサージバス・電気風呂

各種マッサージができるお風呂があります。

高濃度炭酸泉・寝ころび炭酸泉

出典:Instagram

「お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶けたものが炭酸泉」と定義されていますが、『喜楽里別邸 横浜青葉店』の炭酸泉は1000ppmを超える「高濃度炭酸泉」。

コレを目当てに来店される方も多いのではないでしょうか。

同じ浴槽内に「寝ころび炭酸泉」があるのでよりリラックスした体制で高濃度炭酸泉を楽しむことができます。

しかしコレ、個人的には気になってしまいました。

ちょっと気になったこと…「寝ころび炭酸泉」について

ここでも気になってしまったことを書き出します。

「寝ころび炭酸泉」という発想は素晴らしいと思います。

ところが「高濃度炭酸泉」と同じ浴槽内であるため、同じ湯に寝転がっている人の頭が浸かっているのがモロに見えてしまっているのです。

ちょっとそれはどうかなぁ。できれば改善してほしいですね。

 

次のページでは「美味しいサ飯」「休憩スペース(ワークスペース)」「利用料金」「アクセス」などをまとめています。

次のページへ >

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

溝口将太(みぞしょー)

当ブログがみなさんの暇つぶしになれれば幸いです。 道路を60万キロ以上走り続けている男がサウナの素晴らしさに目覚め、『モビリティとスパ&サウナがあれば幸せ』という理由で雑記ブログを運営(マイペース更新)。 主な内容は愛車BRZ・鉄道乗車記・サ活記事。極力実際にかかった費用を掲載。 愛車GROMでフードデリバリー稼働中。お小遣い稼ぎでも試行錯誤の連続…。 ご依頼を受けたり興味を持ったクルマのレビューや出来事も執筆・掲載。最近はコスパに優れた「パーク&ライド」を見つけることに情熱を注ぐ。 モビリティ×サウナで素敵な思い出を!

-サウナ
-, , ,