クルマ

スバル『ソルテラ』が恵比寿ショールームで展示中 新型BEVを直に触れるチャンス!

スポンサーリンク

ソルテラのラゲッジスペース&ユーティリティ

ソルテラのラゲッジスペースを見てみます。車載充電ケーブルも収納されています。

筆者撮影

ソルテラのバックドアはパワーバックドアです。開口部はかなり広く大きな荷物の出し入れも行いやすいと思います。ただ小柄な方は閉める際にボタンを押すのがちょっと大変かも?

ラゲッジスペース

筆者撮影

ソルテラのシートはフォレスターやアウトバックと同様の6:4分割可倒式。ラゲッジスペースはかなり広いと思います。メジャーで計っていた方がいましたが、リアシートを倒した状態では縦175㎝ほどの長さがあったそうです。

ガッカリポイントを挙げてしまいますが、ラゲッジスペース内にはリアシートを倒すスイッチはありません。直接リアシートのレバーを倒すことになります。この点はフォレスターやアウトバックに劣ってしまうと同時に「あ、トヨタ車寄りだな」と感じてしまったのも事実です。

筆者撮影

ラゲッジスペースの右側にはAC100Vコンセントがあります。もしもの時に頼りになる存在かも?

筆者撮影


ラゲッジボードをめくれば車載充電ケーブルが収納されています。

車載充電ケーブル

筆者撮影

ソルテラには普通充電器用の「車載充電ケーブル」が付属しています。

この車載充電ケーブルにはコントロールボックス(電流値を制御してくれる)があり、表示から察するにAC100V 6A/AC200V 16Aに対応しています。AC100Vは一般家庭でもよく見かけるコンセント出力(0.6kW~1.2kW)でAC200Vは普通充電器の一般的な充電コンセントです。

自宅でBEV用の充電コンセントを設置する場合、ほとんどのご家庭でAC200V 16Aの普通充電器を設置すると思われます。となると充電スペックは200V×16A=3.2kWとなり、自宅でBEVを1時間充電すると3.2kWh貯めることができるようになります。

ソルテラのバッテリー総電力量は71.4kWhなので、仮に”電欠”寸前状態で自宅で充電すると満充電までほぼ丸1日かかる計算です。「夜寝ている間に充電完了」という謳い文句を見かけますが、あれは総電力量約30kWhのBEVが夜間充電している間に完了するからですね。

ソルテラの普通充電性能は6.6kWとされているので「高出力普通充電器」が使用可能です。

フロントボンネット内部 ボンネットカバーは「つっかえ棒」でバッテリーは水冷式

エンジン車でいうエンジンルームを見てみましょう。ソルテラはBEVなのでもちろんエンジンはありません。ボンネットを開けてみます。

筆者撮影

何がなんなのかよくわかりません(笑)が、残念ながらテスラ車のようなフロントトランクはありません。ボンネットが「つっかえ棒」なのは正直ガッカリしました。

筆者撮影

ボンネット内部左上には表示マークからブレーキフルードが設置されています。

筆者撮影

中央には「DENSO」製のコンバーター(交流から直流の電流に変換する装置)があります。右側には12V鉛バッテリーとフューズボックスですね。トヨタ系HEVの12V鉛バッテリーはラゲッジスペース下に設置されていますが、BEVではフロントボンネット内部に設置されるようです。

筆者撮影

そしてLLCがあることからソルテラのリチウムイオンバッテリーは水冷式であることがわかります。まぁ当然ですよね。

面白いのはリザーバータンクが2つありそれぞれ微妙に色が違うことです。

トヨタ系HEVもリザーバータンクが2つあります(エンジン用とリチウムイオンバッテリー用)が、ソルテラ(とbZ4X)はどう使い分けるのか気になりますね。

筆者撮影

フロントバンパーからはラジエーターの存在が確認できます。水冷式にすることで冷却効率を高め経年劣化によるバッテリー容量の低下を最小限に抑えようとしていますね。

まとめ

結び

だいぶ上から目線で恐縮ですがインテリアについては”割り切り”を感じてしまったのも事実です。中途半端な素材を使ってしまったというか原価に苦しみながら実現させたモデルなのか…詳細はわかりませんが、少なくともアウトバックと比較すると質感は劣ると思いますしフォレスターやXVと比較するならこんなものかなといったところ。

それよりもスバル・トヨタから純粋な新型BEVを世に送り出すことに意義があるとも言えるので、このクルマがBEV戦略の出発点と捉えるのなら今後のモデルにも大きな期待が膨らむというものです。

「何を求めるのか」「何と比較するのか」でこのクルマの評価・価値は大きく変わるような気がします。ぜひ一度触れてみてください。

スバル本社ショールームへのアクセス

出典:スバル

住所:東京都渋谷区恵比寿1−20−8 エビススバルビル
お問い合せ先:SUBARU STAR SQUARE受付
電話番号:03-6447-8880
営業時間 :10:00〜18:00 不定休

■JR恵比寿駅 東口から約250m 徒歩3分
■日比谷線 1番出口から徒歩4分
※駐車場はございません。公共の交通機関をご利用いただくか、周辺のコインパーキングをご利用下さい。

あまり大きな声では言えませんが、日曜祝日は周囲の道でクルマが駐車し放題になっています。

参考出典リンク集

スバル ソルテラ:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

スバル本社ショールーム:https://www.subaru.jp/showroom/

CHAdeMO協議会:https://www.chademo.com/ja/

関連ブログ スペックの詳細も記載

モビリティ クリエイトの広告

スポンサーリンク

-クルマ
-, ,

© 2022 モビリティクリエイトのページ Powered by AFFINGER5