クルマ

新型『WRX S4』はやっぱりカッコイイ レヴォーグはB型になりサンルーフの設定も可能に

スポンサーリンク

レヴォーグはB型へ年次改良 2.4Lエンジン&SPT搭載仕様が追加 サンルーフの設定も

こちらは今回のブログではおまけ要素ですが、新型WRX S4のデビューと同時にレヴォーグがB型へと年次改良を行いました。

サンルーフが設定されているレヴォーグ(B型) グレードは「STI Sport EX」 筆者撮影

注目はWRX S4同じエンジン・トランスミッションを搭載した新グレードSTI Sport R系統が追加設定されたこと。そしてGT・GT EXを除く各グレードにメーカーオプション「サンルーフ」が設定されたことでしょう。

レヴォーグにサンルーフ設定の要望は多かったと聞いているのでこれは朗報と言えそうです。

しかしサンルーフ単体の価格はWRX S4と同額の11,0000円(税込)なのですが、レヴォーグではGT-H以上の全てのグレードに対して”抱きかかえオプション扱い”となっています。つまりレヴォーグは事実上11,0000円ではサンルーフを付けることができないということです。

出典:スバル

例えばグレードをSTI Sport R EXで見積りを作成しようとすると「スマートリアビューミラー」、つまりデジタルインナーミラーと抱きかかえであることがわかります。

グレードは「STI Sport R」

出典:スバル

そしてアイサイトXがないグレードだと「11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ&インフォテインメントシステム」との抱きかかえとなり、なんと40万円弱の追加オプション扱いになってしまいます。これはWRX S4も同じことが言えます。

これはバカバカしいのでサンルーフを希望の方はEX系統のグレードを選択するべきでしょう。

レヴォーグの新グレードSTI Sport R EXはWRX S4と同額の税込4,774,000円~です(STI Sport R は税込4,389,000円~)。ちなみにWRX S4には「スマートリアビューミラー」の設定はありません。

やはりレガシィ B4はあった方が…

あくまで私個人が勝手に思うことです。

しかしセダンというカテゴリーで見てみると、現在日本国内で展開されているスバルのセダンはインプレッサG4とWRX S4.。インプレッサファミリーは2022年(あるいは2023年)にフルモデルチェンジを行うという情報もありますが、現在のラインアップで考えると性能的には両極端ですよね。

いや、インプレッサG4の性能が悪いわけではありません。WRX S4がヤバイだけなのです。

出典:スバル

こうなるとレガシィ B4があってもいいのではないでしょうか。新型レガシィ アウトバックのインテリアの質感は間違いなくレヴォーグやWRXを上回ります。走行性能としてはど真ん中を狙いつつあの質感でWRXとは違った意味でのフラッグシップセダンがあった方が…。

まとめ

結び

今回は展示車を中心にお伝えしましたが、展示車はオプション装備が装着されていることが多く、いざ購入して納車されてみると「あれ?前に見たのとは違うぞ?」ということもあります。

ディーラーオプションなら都度買い足せば解決はしますが、例えばWRX S4のRECAROシートやレヴォーグのサンルーフなどはメーカーオプションなので取り返しがつきません。

もし購入される際は特にメーカーオプションに誤りがないかをよくご確認ください。

 

余談ですが11月は2万PVを超えていました。ありがとうございます。

参考出典リンク集

スバル WRX S4:https://www.subaru.jp/wrx/s4/index/

スバル レヴォーグ:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スバル スタースクエア:https://www.subaru.jp/showroom/

モビリティ クリエイトの広告

スポンサーリンク

-クルマ
-, ,

© 2022 モビリティクリエイトのページ Powered by AFFINGER5